洋野町観光協会

みちのく潮風トレイルとは

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、東北太平洋沿岸に未曾有の被害をもたらしました。千年に一度と言われる自然の猛威に直面し、自然とどのように向き合うべきか国内外問わず世界中の多くの人たちが考えざるを得ない大きな転換点となりました。
環境省は震災後、持続可能な地域づくりを目指すとともに、豊かな自然と地域の暮らしを未来に引き継ぐため「グリーン復興プロジェクト」を策定し、取り組みを進めてきました。その取り組みの一つが「みちのく潮風トレイル」です。
自然と人との関わり方を考えるために「自然の中を歩くこと」の大切さを提唱し続けた加藤則芳氏より「三陸海岸の国立公園を通るナショナルトレイルを官民協働で」との提唱を受け、青森県八戸市から福島県相馬市までの4県28市町村にまたがり太平洋沿岸を一本の道でつなぐ、海岸ロングトレイルが誕生しました。(2019年6月9日全線開通 全長1,025km)

みちのく潮風トレイル憲章

美しい自然や景観はもちろんのこと、地域に暮らす人々とこの地を訪れる人々との交流、自然の恵みと震災の記憶、自然との共生の中で生まれた暮らしや歴史・文化を大切にし、このトレイルに関わる人々にとって、「自然と人の共生」を示す象徴の道となり、誇りあるナショナルトレイルとして存続することを願い、ここに6つの憲章を定めます。

「特定非営利活動法人みちのくトレイルクラブ」リンク

twitterシェアボタン
fecebookシェアボタン
LINEシェアボタン
南部もぐり
瀧澤鶏舞